予防接種

予防接種を受けることで、感染の流行や病気の重症化を防ぐことができます。

当院では、インフルエンザ、肺炎球菌、MRワクチン(風疹・麻疹混合ワクチン)の予防接種を行っております。ワクチンについては、在庫などに限りがありますので、ご希望の際は事前にご連絡ください。

インフルエンザの
予防接種について

インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまで約2週間かかり、その効果は約5ヶ月間持続します。 毎年の流行期間が12月~3月ですので、早めに接種されますと効果的です。

肺炎球菌の
予防接種について

平成26年10月1日から、高齢者肺炎球菌予防接種が、予防接種法に基づく定期予防接種に位置づけられました。対象者には区より予防接種予診票が送付され、費用が一部助成されます。肺炎は日本人の死因の第3位です。亡くなる方の約95%は、65歳以上の方です(厚生労働省、人口動態統計2013年)。成人の肺炎の原因菌としては、肺炎球菌が最多です。

日頃、体力に自信があり元気にお過ごしの方でも、年齢とともに体の免疫力は低下していきます。特に年齢を重ねてくると、ちょっとしたことがきっかけで 肺炎を引き起こしやすくなり、急激に症状が進み重症化する危険があります。肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぐワクチンです。

MRワクチンの
予防接種について

MRワクチンは麻しん(はしか)の予防接種と風しん(三日はしか)の予防接種が混合されたワクチンです。1度の接種により麻しんと風しん両方の抵抗力(免疫)をつけることができます。一生のうちに2回接種する方法が国際的な標準であり、日本では平成18年度からMRワクチンの2回接種が導入されています。

風しんワクチン(主に接種されているのは、麻しん風しん混合ワクチン)を接種することによって、95%以上の方が風しんウイルスに対する免疫を獲得することができると言われています。また、2回の接種を受けることで1回の接種では免疫が付かなかった方の多くに免疫をつけることができます。さらに、接種後年数の経過と共に、免疫が低下してきた人に対しては、追加のワクチンを受けることで免疫を増強させる効果があります。

助成制度

国により2022年3月31日までの間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性(対象世代の男性)が風しん予防接種の対象者として追加されました。クーポン券を利用して抗体検査・予防接種を受けることができます。対象施設であれば、お住いの区でなくとも検査・予防接種が行えます。詳細は厚生労働省ホームページでご確認ください。

※区による助成は区内で検査、接種となります。詳細はお住いの区のホームページをご確認ください。

予防接種 料金

予防接種 (税別)
インフルエンザワクチン 3,600円
肺炎球菌ワクチン 8,000円
帯状疱疹ワクチン 8,000円
MRワクチン 10,000円
水痘ワクチン 8,000円

※ワクチン接種ご希望の際は、在庫の都合上、電話でご予約の上、ご来院下さい

予防接種後の注意点

予防接種後の30分程度は、接種を受けた医療機関にそのまま留まるか、医師とすぐに連絡が取れるようにしておきます。接種部位に異常な反応があらわれたり、体調に変化が生じた際は、速やかに医師の診察を受けましょう。

また、接種部位は清潔に保ち、接種後24時間以内は体調が変化する怖れがありますので、強度の運動や飲酒は控えるようにしてください。当日の入浴は可能ですが、長湯や接種部位を強くこすらないように注意してください。

蔵前駅より徒歩1分
〒111-0051 東京都台東区蔵前 3-4-9 蔵ビル3F

脳神経・頭痛外来を初診の方は予約制になります

診療時間
休診:火曜、日曜、祝祭日、土曜午後
外観写真
アクセスマップ